うがい薬

歯医者さんでやってる!コロナ対策のうがい薬

手指消毒、マスクは新型コロナウイルス対策の基本


新型コロナウイルスへの対策として、厚生労働省が勧めている感染予防の基本は

① 手洗い
②マスク着用を含む咳エチケット

の二つです。
①は接触感染予防②は飛沫感染予防になるんですね。
歯医者さんでも当然それらの感染予防は、一般的に考えられる以上に徹底的にされています。

さて、歯医者さんではそれらに加えてもう一つ力を入れている予防策があります。

感染予防のためのうがい


それはうがい薬を使った治療前のうがいです!
歯医者さんでは、基本的にお口を開けて治療をします。
なので、お口の中のウイルスは治療前にうがいである程度減らすことができれば、リスクが下がります。

喉から感染する代表的なウイルス

喉から感染するウイルスには下のようなものが挙げられます。
今回の新型コロナウイルスもちろんですが、どれも感染したくないものばかり・・・

小林製薬ホームページより

市販のうがい薬は効果があるの?

市販のうがい薬の多くのものでもコロナウイルスを減少させることはできるかもしれません。
うがいだけでそもそもある程度減らせるようですし。
海外にガイドラインや文献では、歯医者さんでよく処方される消毒用のうがい薬の「ネオステリングリーン」や、歯磨きの時に用いる「コンクールF」などではコロナウイルスの殺菌にはあまり高い効果は無いようです。市販のモンダミンやリステリン(一部の製品を除く)も同様です。

kofuru
kofuru
コロナウイルスにリステリンが効果的、と言っている先生もいますが、今のところそれを裏付けるソースはありません。リステリンのメーカーも今のところ公式にはコロナウイルスへの効果を認めていません

ぬるま湯や塩水などでうがいすると良い、という話も一時期流れましたが、やはり根拠のない話です。

できればうがいをすることでより効果のあるものを使いたいですよね。
いくつかの研究から、歯医者さんでは効果が期待できるうがい薬を使うことが歯科医師会や学会のガイドラインで勧められています。

歯医者さんで選んでいるうがい薬

喉から感染する主なウイルス、とくに今回流行している新型コロナウイルスに対して、歯医者さんが治療前のうがいに推奨されるうがい薬は主に2種類あります。

イソジンガーグル

まず、第一に選ばれるのはイソジンガーグル、ポピドンヨードです。ヨウ素が含有されているうがい薬は、先ほど挙げた5種類のウイルス全てへとても良い効果を示します。

kofuru
kofuru
なので、特に新型コロナウイルス対策で歯医者さんではイソジンが第一選択のうがい薬になっています!

ADA(アメリカ歯科医師会)が早々に打ち出した、歯科医院の治療における新型コロナウイルス対策のガイドラインでも、治療前にヨードを含むうがい薬でうがいすることを定めています。
ただし、ヨードアレルギーのある方もいるので、アレルギーがないかについては注意する必要があります。

また、イソジンクリアはヨードを含まないので、ヨードを用いているイソジンガーグルとは異なるので注意が必要です。
*現在は新型コロナウイルスの影響か、amazonでもイソジンガーグルやポピドンヨードうがい薬の在庫が少ないことがあるみたいです。

2020年8月4日追記

大阪府知事の発言でamazonからイソジンうがい薬が徹底的に無くなっていますね・・・
とりあえず、買えそうなものをピックアップしておきます。
のどぬ~るスプレーBもヨード製剤なのでうがい薬じゃないけど同じ成分です。
ただ飲み込んじゃうのでずっと使うのはどうかな。。。
あとはイソジンのど飴。これはなかなか良さそう。
ヨード製剤はずっと継続して使うのはあまりお勧めできません。コロナ禍の今は良いかもしれませんが、必要と考える中での使用に留めましょう。
また、治療や予防効果が認められているわけではなく、歯医者さんで院内感染予防として治療前にイソジンでのうがいが推奨されている、ということです。
過剰な反応はせずに、ご自身の判断で必要な分だけ使用するようにしてください。

そして間違っても「買い占め」や「転売」に走らないでください。


過酸化水素水

もう一つが過酸化水素水、オキシドールです。
こちらもADAのガイドラインで推奨されていて、濃度は1.5%から2%が良いとされています。
国内ではこの濃度の過酸化水素水を含むうがい薬はありませんが、海外では市販されています。
コロナウイルスは酸化に弱いため、酸化剤である過酸化水素水でうがいすることで、ウイルスを殺す効果が期待できます。
歯科医院では、治療前に3%程度の過酸化水素水を薄めて使用します。
ただし本来は傷口の消毒に用いるものなので、ご家庭で使われる場合は使用は自己責任で。
歯医者さんでは外科治療前や治療後のお口の中の粘膜や歯の消毒などに用いるので、基本的には安全です。
10~20ml程度をできれば30〜60秒お口の中でくちゅくちゅさせて吐き出します。
ちょっと生臭い感じがありますが、その後コンクールなどのうがい薬でうがいすれば生臭さもスッキリします。

ちなみに、洗濯でも歯医者さんでは気をつけています。
新型コロナウイルスに効果があるとされる洗剤を、北里大学が研究結果をプレスリリースとして発表してくれています。
北里大学プレスリリース
また経産省が新型コロナウイルスに効果があるとする家庭用洗剤について公開しています。
こちらは別の記事にまとめてあります。
第2波に備えよう!経産省公認のコロナに効く洗剤*すぐ買えるamazonリンク集*

他にも歯医者さん関連でコロナウイルスに効きそうなのは歯磨き粉!

イギリスのメトロ紙に4月29日に掲載された記事
Brushing your teeth can help prevent spread of coronavirus
で、歯磨き粉に入っている発泡剤(界面活性剤)が新型コロナウイルス にもう効果があるのではないかと述べられています。
北里大学のリサーチでは確かに家庭用洗剤に含まれている界面活性剤でも新型コロナウイルスを殺すことができたと報告されています。

歯磨き粉に入っている界面活性剤が同様の働きを示してもおかしくないですよね・・・!
しかも、歯磨きは比較的長い時間にわたって歯磨き粉が口の中に止まるので、効果も比較的しっかりでそう。
もしかしたら、イソジンでのうがいと同じように効果が期待できるかもしれません。
今のところエビデンスはありませんが、理屈の上では成り立ちそうです。

あとは洋服の漂白とか

漂白剤が一般的なコロナウイルスに効果があることから、
一般の衣類の洗濯で、みんな大好き「オキシクリーン」などの漂白剤を用いることも個人的には良いと考えています。
(これはエビデンスないです!!)
漂白剤を使っても問題のない衣類は、外出から帰ったらオキシクリーンと洗剤で洗っています。アメリカ版がいいらしいですね。私もアメリカ版使っています。
台所掃除にも使えるし、加湿器の掃除にも使っています。

kofuru
kofuru
「オキシ足し」って言うやつですね!!


ただ、皮のスニーカー洗ったら表面がぬるぬるになって溶けてしまいました・・・
使用上の注意をよく読むのは大切です笑

海外には過酸化水素水含有のうがい薬もある

市販品では国内では買えませんが、海外では
Colgate Peroxyl Mouth Sore Rinse
Listerin Whitening
といった製品に過酸化水素水が含まれていて、歯科医院での治療前に使われているようです。
残念ながら、国内に上記製品の正規販売はありませんので、amazonなどからの個人での購入になります。
リステリンwhiteningは、国内販売のものは過酸化水素水ではない成分になっています。アメリカのamazonには過酸化水素水配合のリステリンが売られています。