その他

歯医者さんのオススメ!読みやすくて歯のことがわかる本 +α

本屋さん行くと、歯医者さんが一般の方向けに書いた本、いっぱい並んでいますよね!
インターネットと同じで、そういう本は実は玉石混交。
トンデモ本から、とってもためになる本まで様々です。
その中で、歯医者さんが実際に読んでみて、

kofuru
kofuru
コレはいい!

と感じた本を紹介します。
読むと人生変わるかもー^^

100歳まで自分の歯を残す4つの方法

引用:amazon.co.jp

著:齋藤 博 監修:木野 孔司
木野センセイは東京医科歯科大学の顎関節治療部の元教授です。
この先生はTCH「Tooth contacting habit」という概念を広く知らしめた方で、今では多くの歯科医師がこの概念を持って患者さんの治療にあたっています。
テレビにもよく出ていたので、お顔を見れば思い出す方もいらっしゃるかもしれません。
著者の斎藤センセイは木野センセイと一緒に仕事をされてきた方で、木野センセイとならぶTCHの第一人者です。
お二人は著書も多く、どれも軽快な文章とわかりやすい内容になっていて、一般の方向けの本でも、1冊読むと若い歯科医師の治療ががらり変わるくらいに肝を抑えています。
もちろん、一般の方が読むのにもとても適しています。

この本はそんなお二人が、人気イラストレーターのヨシタケシンスケさんとコラボして作ったものです。わかりにくいはずがありません!!
オススメです。


ちなみに、木野センセイのご自身のウェブサイトもあります。
こちらです
木野顎関節研究所

歯みがきしてるのにむし歯になるのはナゼ?

引用:amazon.co.jp

著:西真紀子
西真紀子先生の、一般の方向けに出されている虫歯についての本です。
小学生の男の子と女の子が、専門家のセンセイのところに行っていろいろ教えてもらう、というストーリー仕立ての本です。
虫歯について歯医者さんでセンセイや衛生士さんが語ろうとすると、話したいことは山のようにあります。虫歯になる原因をお話しするだけでも、ちゃんとしようと思うと大変です!
そんな内容が、とてもわかりやすく、読みやすく書かれています。

kofuru
kofuru
小学校中学年くらいのお子さんでも読むことができる内容になっています!
親の手を離れて自分で磨くようになる時期ですから、お子さんに一度読んでもらって、虫歯予防の正しい知識を身につけてもらうのにぴったりです♪

健康寿命は歯で決まる!

引用:amazon.co.jp

著:野村洋文
野村センセイは、歴史や食にも造詣がとても深く、他業種を巻き込んだイベントも主催されていたりと、とてもマルチに活躍されています。SNSでのコメントなどもとても面白いので読み込んでしまいます。
そんな先生が書かれた本ですから、とても面白いです。

また、野村センセイが以前出版された
「たいへん申し上げにくいのですが… 雑学だらけの歯科エッセイ」
もとっても面白いのでオススメです!

シンデレラ・ティース

引用:amazon.co.jp

著:坂本司
他の本とは違い、歯のことに詳しくなれるわけではありませんが、好きなもので・・・
歯医者さんが舞台のミステリー小説です。
ミステリーと言っても、人が死んだりするわけではなく、とてもほのぼのしたストーリーです。
歯医者さんで働いている私から見ても、違和感もそれほど強く感じませんし、
こんな技工士さんにいて欲しい!と思える人物がとても魅力的です。
実はこの作家さんの他の小説に出てくる登場人物が、このお話では主人公です。
伊坂幸太郎さんもそうですが、作品間でリンクがある作家さんは読み込んでしまいますよね^^

ペンギン・ハイウェイ

引用:amazon.co.jp

著:森見 登美彦
またもや歯がメインの本ではないですが・・・
映画「ペンギン・ハイウェイ」の原作です。
この作家さんの他の本も登場人物が魅力的でたまりませんが、この本も抜群です!
歯科医院に勤めているお姉さんが、このお話ではとても重要な役割を持っています。
少年とお姉さん、どちらもとってもすてきなキャラクターです。
映画もとっても面白いのでオススメです!
映画の方はamazonのprime videoでも見られますよ♪